明日からGWという 一つのイベントweekが始まります。

GW好きですか? GW嫌いですか?

仕事も休めていろいろ遊べて最高~だから大好き!!だと思う人もいれば 世間のみんなが遊んでるのに仕事忙しい…むかつく!!

多くの人が楽しそうに過ごしているのに 自分だけが何の予定もなくいつも以上に孤独や疎外感を感じてしまう。

そんな感情に襲われてしまうしまう人もいらっしゃるかもしれませんね。

出来事は一つ 「GWであること」 そうなんですよね。 とらえ方は幾通りもあってすべて人それぞれの環境や状況によって全く異なる時間をすごすことになります。

私の今年のGWは流れに任せるをテーマにしようと思っております。

基本 あまりお出かけせずに悩めるクライエントさんのためのカウンセリングの時間や5月に開催のセミナー等の準備時間にあてて

混雑という多くの人込みに紛れることは避けようと思っています。読みたい本をじっくり読む時間が取れるのもいいかもしれないです。

GW楽しみにしているのは 西国三十三か所をスタートさせることで スタートは滋賀県の第十三番の石山寺と第三十番の長命寺を予定してます。

最近は 御朱印帳もいろいろな種類があって悩む 悩む  2冊の買ってしまいました。

 

「西国33か所」の起源を調べてみました。

718年 重病の床にあった大和長谷寺の得道上人の前に 閻魔大王さまが現れて

「悩み苦しむ衆生を救うために 33の観音霊場を作って信仰を広めなさい」と33の宝印を授けられたことから始まったそうです。

後の 中興の祖 花山法王の巡礼か再興となり「西国巡礼」として広く知られるようになったそうです。

33という数字は 観音菩薩が「33の姿に化身して衆生を救う」のが由縁・信仰対象は観世音菩薩様などなど いろいろ勉強になりました。

カウンセラーの仕事はまさに「悩み苦しめる人を救うため」 しっかりお役に立てるよう巡礼をしてこようと思います。

最近 若い人の間でも神社巡りが流行っているそうです。

日本人は神の子だといわれてきたりもすのは きっと 基本的に優しく慈愛の精神を生まれ持っているからなんでしょうね。

潜在意識の中に神ごころをもっていて 「悩み苦しむ人を助けたい」 と思ってる素晴らしい人種です。

悪質な事件・殺人 政治家の不正問題等が毎日のように報道されるよくない日本。

大切なことを忘れない・・・・「相手をおもいやる」 忘れかけてる義理と人情を蘇らせる 日本人の原点に戻るべき時代に入ったのかもしれませんね。

弥勒菩薩様 

皆様にとって充実したGWになりますように!